Re:Work リモートワークを応援するWebメディア

リモートワークで耳が痛い時におすすめのイヤホン5選!耳が痛い時の対処法も!

アイテム

リモートワークをしていると、イヤホンをつけて仕事をする機会が多いと思います。

しかし、イヤホンをつけて仕事をしていると耳が痛いと感じることはありませんか?
リモートワーカー全ての悩みとなっていますが、実はこの耳が痛い症状は対処法がいくつかあるのです。

そこで今回は、リモートワークで耳が痛い時の対処法やイヤホンをご紹介します。

リモートワークでイヤホンの耳が痛い時の対処法は?

リモートワークではイヤホンは必須です。

音量をMAXにしてスピーカーにして仕事をしている人はそうそういないでしょう。
自宅であれば大丈夫かも知れませんが、外でリモートワークをする場合はイヤホンで耳が痛いとなってしまうことが多いです。

では、リモートワークでイヤホンの耳が痛い時の対処法をいくつかご紹介します。

骨伝導イヤホンを買う

まずは、骨伝導イヤホンを買う方法です。

骨伝導イヤホンとは耳を塞がない画期的なイヤホンのことを言い、このようなイヤホンを言います。👇

そもそも耳を塞がなければ耳が痛くなることはありませんし、のちにご紹介するような症状になることはありません。
ただ、実際に使って見た感想として「骨が揺れるので頭が痛くなる」のがネックです。

適度に外す

続いて、適度に外す方法です。

実はイヤホンを長い時間つけていると、

  • 外耳炎
  • 真菌症
  • 外耳湿疹

などの症状に悩まされてしまうことがありますので、適度にイヤホンを外して耳を解放しましょう。

フィットしすぎるイヤホンを使わない

続いて、フィットしすぎるイヤホンを使わないことです。

「外耳炎」になってしまう理由の1つとして「物理的刺激」がありますので、フィットしすぎるイヤホンを使わないことがいいでしょう。
フィットしすぎてしまうと、耳の皮膚を傷つけてしまいますし痛みを生じることもあります。

耳の中に空間ができるくらいのイヤホンがオススメです。

リモートワークで耳が痛い時におすすめのイヤホン3選!

以上の条件を兼ね備えたイヤホンはいくつか販売されています。

いつも使っているイヤホンをそのままリモートワークへ活用することはおすすめできません。
リモートワーク専用のイヤホンを使うべきでしょう。

では、リモートワークで耳が痛い時におすすめのイヤホンをご紹介します。

① 耳掛けイヤホン

まずは、耳掛けイヤホンです。

耳を塞ぐことなく骨伝導で音を伝えるため、耳が痛いと感じることはありません。
また、Bluetoothが搭載されているので有線が邪魔になることもないのが特徴です。

② 骨伝導イヤホン

続いて、骨伝導イヤホンです。

骨伝導イヤホンは高機能なものだと、骨が振動している感覚がないものも。
耳を塞ぎませんし、外部の音も適度に拾ってくれるのでリモートワークにはバッチリです。

③ ヘッドフォン

続いて、ヘッドフォンです。

イヤホンだと耳をがっつり塞いでしまいますが、ヘッドフォンだと耳を塞ぐことはありません。
また、最近のヘッドフォンは通気性に長けているところもありますのでおすすめです。

まとめ

今回はリモートワークで耳が痛い時の対処法やイヤホンをご紹介しました。

リモートワークではイヤホンが必須ですが、イヤホンの選定を間違ってしまうと中耳炎や外耳炎などに悩まされることも。
別途、治療費がかかるくらいであれば始めから高機能のイヤホンを購入しておくことをおすすめします。